努力してきた自分を信じる ~現役東大生からの応援メッセージ~

受験生の皆さん、こんにちは。東京大学建築学科三年 長留(ながとめ)と申します。

 

私も三年前の今頃、かなりピリピリしていたのを覚えています、と言いたいところだが、思っている以上に冷静であった。

 

なぜなら、信頼する先生についてきて、ここまで来たから。
なぜなら、ここまで努力を積み上げてきた、自信があったから。

みなさんにも、もちろん当てはまると思う。

 

各受験生によって共通テストの位置づけは変わってくる。

この記事が公開される頃には、共通テストの自己採点も終わり、結果を目の当たりにした反応は様々だろう。

 

それがここまでのみなさんの、努力のすべて

というわけではない。

 

油断も諦めも早すぎる。

二次試験に向けて今まで通りの努力を続けてほしい。

 

努力したものが成功するとは限らない。

しかし、成功したものは皆すべからく努力している。

 

 

努力は報われるというのはよく聞くが、このフレーズはすこし真新しく見えるかもしれない。

私が受験期に目にした誰かの名言だ。斜に構えがちな私にはとても心に響いた。

残酷にも見えるが、ここから分かることは一つ。

 

努力していない人間は土俵に上がることすら許されない、ということだ。

 

みなさんはもちろん努力していると思う。でも周りも努力している。土俵に上がるため、必死に。

 

そういうところを受験するのだ、という覚悟を持って、

残りの日々を過ごしてください。

 

努力してきた自分を信じられるように