世界大会で史上初銅メダル獲得-塾生の紹介(その2)

学問ノススメの塾生が世界大会で銅メダルを獲得しました。

 

3月18日にご紹介した早稲田佐賀高校の市橋愛生さん(高校2年)が、セーリングのユースセーリング世界選手権大会に日本代表として出場し、7月15日(金)、銅メダルを獲得しました。

 

日本セーリング連盟によると、この大会で女子選手がメダルを獲得するのは史上初だそうです。

 

ペアの後藤選手は関東に在住しており、拠点が九州と関東と離れている中、週末や強化合宿など限られた期間で練習し大会に臨みました。

市橋さん写真

市橋愛生さん(右)/ペアの後藤凛子さん(左)

引用:https://bulkhead.jp/2022/07/91228/

 

市橋さんの将来の夢はオリンピック代表になること。そのために通学の往復3時間を有効に使い勉強するなど、志望校合格に向けてチャレンジを続けています。

 

市橋さん、ススメ、合格のその先へ。

 

・今回の快挙は以下のメディアで紹介されました。

佐賀新聞

BULKHEAD JAPAN

 

・3月に市橋さんがTVに出場したときの記事

夢はオリンピック代表-塾生の紹介